出展のご案内

出展対象

出展対象社

初開催で116社、118小間の実績

図:出展対象社
出展社アンケート結果
図:出展社アンケート結果
出展社の声
宮崎県様(株式会社定松様)《取扱商品》宮崎の野菜、果物、加工品(ジュース、柚子こしょう)など
生鮮の野菜や果物を求める来場者の方がとても多かった印象を持ちました。私ども生産する側が「当然知って下さっているだろう」ということが意外と皆さんご存知ではなくて、「初めて見た」「初めて食べた」とおっしゃって、「とてもおいしい」という感想もたくさんいただきました。出展の目的は、宮崎の産物をもっとたくさん首都圏の皆様に召し上がっていただきたいということです。例えばズッキーニにしても、それが「宮崎のもの」だということを意識しないでお買い求めになっている方も多いので、「宮崎のズッキーニはこんなにおいしいんだ」ということを伝えたいです。
羽田市場様《取扱商品》超速鮮魚®
羽田空港の中で鮮魚の仕分け・加工をやっています。全国から朝とれた魚を「その日のうちにお店にお届けします」というモデルの中で、全国の漁師さんたちと直接契約していますので、鮮度が高く、漁師さんが責任を持って魚を出荷してもらえるという流れです。今回の展示会は居酒屋のお客様もかなり多く、皆さん興味を持っていただきました。特に遠方の方が多かったです。我々が想定していなかったお客様にたくさんお会いすることができました。大手のチェーン店さんともブースで商談させていただきましたし、10店舗のチェーンや数店舗展開されているお客様も多かったです。
キリンビールマーケティング株式会社様《取扱商品》キリンチューハイ ビターズ(コンク)
出展の感触は正直、非常にいいです。お客様の数も多く、わりと足を止めていただけたので、弊社としては予想していたよりも有意義な展示会だったと思います。たまたまかも知れませんが、私どものブースに来ていただいた方は、どちらかというと個人のお店様や数店舗をやられているお店の店長様が多かった印象があります。しっかりと目的意識を持って来られている方が多く、私どもにとっても直接、お会いした方に営業をかけられるので、その点は良かったかなと思います。
株式会社柴田屋酒店様《取扱商品》ワイン、クラフトビールなど
お客様の反応は良かったです。今回は併設していた2階の焼肉のイベント(焼肉ビジネスフェア)もあったので、肉業態の方が多かったように感じます。肉に合う赤ワインは揃えておいて良かったと思います。反応がすごく良かったです。お客様の層としましては、大きなところや個人店様、3〜5店舗ぐらいをお持ちの方など、結構平均的にいらしていたかなという感じがします。今回、出展で持ってきたものはワインが多いです。ワイン以外ではやはり、いまブームのクラフトビールです。
株式会社久世様《取扱商品》デザート、PB商品など
新規のお客様を獲得しようということで出展しました。出展内容はデザートを中心とした部分と、久世オリジナルの商品の中でビストロやバルに向けた商品を出しました。あとは他社が持っていないであろう商品として、例えばバジルペーストや大葉のソースなど、こういったソースと久世のポテトサラダやPBを合わせてご提案することで、通常のメーカー様とは差別化を図った提案をしました。お客様には、デザートもバル系の商品も「こんな商品が冷凍やPBであるんだ」と気付いていただき、すごくお取引の引き合いもいただきました。地場でしっかりとやられているお客様が多かった気がします。
株式会社インフォマート様《取扱商品》BtoB食材調達マーケット、ネット卸システムなど
日本最大級のBtoBプラットホームの、プロ専用食材調達マーケットを主に提案しています。24時間365日、ネットで全国の仕入先を探せる仕組みです。約42万品の食品と食材が出品されており、珍しい食材や産直品、特価品などが調達できます。 例えば外食企業様が仕入れたい食材や取引条件を登録するだけで、食材企業様からさまざまな提案も得られます。仕入れコストの削減や業務効率も実現できます。2日間を通して従来からお取引のある外食企業様が大勢いらっしゃいましたが、今までお付き合いのない外食企業の方々と名刺交換もでき、出展して良かったと思います。
  • 出展をお考えの方はこちら
  • 同時開催 ミートフードEXPO 焼肉ビジネスフェア2018

来場対象

来場対象者

2日間で18,818名のご来場!!(2016年実績)

図:来場対象者
来場者アンケート結果
図:来場者アンケート結果
名刺交換・試食数
図:名刺交換・試食数
来場者の声
外食チェーン 広報担当 40代・女性
「居酒屋JAPAN」の開催をとても楽しみに来ました。弊社でも新業態を開発中なので、新業態のヒントを得るために同僚とゆっくり展示会を見てまわっています。それにしても、思った以上の賑わいで驚きました。出展内容も食材に限らず、経営の合理化のためのシステム、厨房機器など幅広いようですね。コンパクトにさまざまな情報を詰め込んだ展示会、という印象です。
食品企業 商品管理部課長 40代・男性
一番奥の野菜農家が出展していたコーナーは、興味深く拝見しました。野菜は農協を通じて販売されるということが一般的だと思っていましたが、今回の展示会では野菜農家の方々が出展し、それぞれ栽培した野菜を来場者に直接アピールしていて、まさしく生産者の顔が見える食材である、ということを痛感しました。飲食店の方々は生産農家から直接、野菜を仕入れることもでき、産直野菜が増えているようです。弊社でも生産農家との取引を研究していきたいと思いました。
外食企業 仕入れ担当 30代・男性
食材関係の出展が多いと感じました。これまで「焼肉ビジネスフェア」にも毎年来ていましたが、今回は「居酒屋JAPAN」が併催になったおかげで、出展内容が広がったと思います。加工食品を扱っている卸やメーカーをはじめ、野菜の生産者や地方から来ている魚屋、築地の仲卸なども出展していて、そういう意味では出展内容が多岐に渡っていていいなと感じました。
食品企業 広報 30代・男性
弊社の外食担当営業チームも多く見学に来ています。会場内を拝見したところ、目的をしっかりと定めて見学に来た熱心な外食経 営者や仕入れ担当者が目につきました。また出展されている各企業の小間は、見学しやすいようにカテゴリーで分けられており、私自身も見やすいという印象を持って見学することができました。食材から店舗まわり、経営まわり、というように幅広い展示内容にも好感が持てました。次回もまた来たいと思います。
外食企業 広報担当 30代・女性
複数の広報メンバーで来場しました。ほかの展示会に行った時も「女子目線」で面白いと思った商品の資料や情報を持ち帰り、毎回、統括料理長などにフィードバックしています。今回持ち帰った資料の中では、脂身が少なくヘルシーさも打ち出せる「バックリブ」に興味を持っていました。またアルコール類も、ビールやリキュール、ワインなど、色々と出展されていたと思います。
居酒屋 経営者 30代・男性
食材をはじめ、総合的に色々なものをみようと来場しました。食材はいくつか面白そうなものがあり、サンプルをお願いしたものもあるので、収穫があったと思います。いまの業界の流れとしてはやはり、「産地直送」が結構トレンドになってきていると感じます。その点については自分もいまやりたいことがあるので、来場して良かったです。ほかの展示会にも行くことがありますが、ここはここで面白く、規模的にもちょうど良かったです。
PAGE TOP